Pocket

ハードフォークとは

導入

1000種類存在する仮想通貨の特徴を理解する上で、「ハードフォークした仮想通貨」というものをよく目にする機会があります。ハードフォークとはどういう概念なのでしょうか。対立概念であるソフトフォークについても取り上げています。

ハードフォークとは

ハードフォークとは、簡単にいうと、仮想通貨のアップデートです。
ハードフォークは、ブロックチェーンのプロトコルに規定された検証規則を緩和することよって発生するブロックチェーンの分岐のことです。
これにより、新しい検証規則を採用するノード(新ルール)と、採用しないノードの間(旧ルール)で、分岐後の仮想通貨に互換性がなく別々の価値をもつため、ブロックチェーンの最も長い有効な枝の判断に不一致が生じ、恒久的な分岐を生じる可能性が生じます。

なぜハードフォークする?

ハードフォークのの目的は、スケーラビリティの問題を解決することにあります。
通貨の取引量が増え、トランザクション処理が膨大になってしまい、承認の遅延や手数料の高騰、メインチェーンの機能低下などの問題が生じてしまうからです。

ソフトフォーク

ハードフォークを理解する上で、ソフトフォークの理解も必須でしょう。
ハードフォークは検証規則のを改定したチェーンとそのままのチェーンに分岐しましたが、ソフトフォークはフォーク後は、全てのチェーンの検証規則を改定し、ひとつのチェーンに収束します。

ハードフォークした通貨の一例

ビットコインキャッシュ

ビットコインの場合は、時価総額の基軸通貨であり、スケーラビリティの問題を解消する必要が必然的に生じてしまいました。
そこで、2017年8月、取引情報を記載するブロックの容量を従来よりも拡大する方針でハードフォークを行い、ビットコインキャッシュが誕生しました。

イーサリアムクラシック

イーサリアムブロックチェーン上の分散型アプリケーションDAppsを活用したプロジェクトであるThe DAOのスマートコントラクトコードの脆弱性を突いて65億円相当のイーサリアムが不正に送金された事件が起きたことが原因で、イーサリアムからハードフォークして、イーサリアムクラシックが誕生しました。

まとめ

ハードフォークとは、仮想通貨におけるスケーラビリティの問題を解消するための手段です。ハードフォーク後は、分岐前の通貨を保有していると、分岐後の通貨を配布してもらえるので、情報は取り入れるようにするといいでしょう。

Tagged

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です