Pocket

イーサリアムとは?

導入

仮想通貨ビットコインの誕生とともに、2017年は様々な仮想通貨が誕生し、成長の年といわれました。
多くの仮想通貨の価格がピーク時の半分以下となっており、バブルの次のフェーズに移管しました。
一方でICOは盛り上がり続けています。ICOでよく使用される通貨であるイーサリアムについて取り上げます。
ビットコインの次に時価総額が大きく、仮想通貨業界でも影響力の大きい通貨の1つです。

イーサリアムとは

イーサリアムとは、Vitalik Buterinが開発し、 分散型アプリケーション(DApps)やスマートコントラクトを構築するためのプラットフォームです。

仮想通貨イーサリアムは、ビットコインの欠点を補ったり、DAppsという分散型アプリケーションのプラットフォームであること以外にも、様々な特徴を備えています。

イーサリアムとは|承認アルゴリズムPoSとCasperというプロトコルについて

イーサリアムでは、ビットコインのPoWにおける51%問題の解決のため、Casperというプロトコルを導入しています。
このプロトコルの下では、PoSに参加するために、自身の資産(Stake)をロックアップする必要があり、そのロックアップをブロックの承認作業に賭けることで、ブロックチェーンに追加されるか決まります。
ブロックチェーンに追加されれば、賭けた資産の分だけ、報酬を得ることが出来ます。

イーサリアムとは|DApps

中央管理者なしで自立的に動くアプリケーションのことで、アプリケーションの利用(報酬や送金手数料)に際してERC準拠のトークンを利用することが一般的です。
分散型台帳技術により、ネットワーク上のサーバーとコミュニティを共同的に管理していきます。

イーサリアムとは|スマートコントラクト

DApps上で利用されるブロックチェーン技術には、契約者本人が定義したプログラムを記述することが出来るスマートコントラクトという機能を備えます。これは、中央機関なしで契約を自動執行できるプロトコルです。
Lotや著作権管理など様々なプロジェクトが進行中です。

イーサリアムとは|通貨ETHの役割

Etherはスマートコントラクトの履行やトランザクション送信のための手数料(Gas)として使用されます。
ユーザー数の増加や複雑なスマートコントラクトに比例して、必要なgasも多くなってしまいます。

イーサリアムとは|ERC準拠トークン

スマートコントラクトを利用したDAppsは、仮想通貨を活用したプラットフォームを開発する上で便利であり、よく利用されます。多くの仮想通貨がERC準拠トークンを利用しています。
ERC準拠のトークンを利用したICOも多く行われています。

イーサリアムとは|GHOSTプロトコル

ブロックの生成時間が短いということは、トランザクション承認も早く、送金も早く行えることになります。
単純に最も長いチェーンをメインチェーンに追加するのではなく、メインチェーンから派生しているuncle(叔父)ブロックに費やしたハッシュパワーも加味して、メインチェーンにします。
派生しているブロックも含めて計算が最も多く蓄積されているチェーンをメインチェーンとして決定します。

まとめ

仮想通貨イーサリアムは、スマートコントラクト機能を備えた分散型アプリケーションを実現するプラットフォームです。
GHOSTプロトコルによりより良いメインチェーンを生成したり、それ以外にもRaiden Networkによりトランザクション処理問題を解決しようと試みていたり、またイーサリアム上で開発された有望な仮想通貨が多かったり、とても魅力的な仮想通貨のひとつといえます。

Tagged

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です