Pocket

イギリスのニュースサイトであるSkynewsの報道によると、Facebook・Googleに続いて、TwitterもICOや仮想通貨関連の広告を禁止する方針であることが明らかになった。

Twitter側からの公式なアナウンスは現在されていないため、仮想通貨の広告禁止の真偽は定かではない。ICOにおいては、詐欺のような案件も発生しており、今年の1月からFacebookがICOなどの仮想通貨関連の広告を禁止し、それに追従する形でGoogleも広告ポリシーを変更し今年の6月から仮想通貨の広告を禁止にする方針を示した。

ほとんどのICO案件においては、Twitter広告が使用されており、フォロワーの獲得やページの流入を増やすために使用されてきた。FacebookやGoogleに続いてTwitterも仮想通貨関連の広告が禁止になるとICO案件の認知は難しくなる。

Tagged

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です