Pocket

仮想通貨NEOとは

NEOは、2016年10月に中国で誕生した比較的歴史の浅い仮想通貨です。
そして中国では初のパブリックブロックチェーンになります。これはビットコイン同様に、不特定多数のマイナーとノードによって高速に認証作業ができる技術になります。数あるアルトコインの中でも1年間で40倍もの値動きを見せたNEOには、どんな特徴があるのでしょうか? ビットコインやイーサリアムにはない魅力や特徴を紐解いていきたいと思います。
NEOには、イーサリアムにも採用されている「スマートコントラクト」と呼ばれる、契約から取引完了まで同時に行う機能があり、中国版イーサリアムとも呼ばれています。スマートコントラクトは、ブロックチェーン上に契約の情報を書き込み続けるという技術で大手企業も研究を始めている優れた技術です。
しかし、イーサリアムとは全く異なった性質を持っているとされています。

 

仮想通貨NEOはどうやって誕生したの?

NEOは、元々はアントシュアーズ「ANS」という通貨でしたが、2016年6月にNEOにリブライデイングされました。新たなコンセプトは「スマートエコノミーとして、NEO内で生活が完結する経済圏を目指す」といったものです。
今までのANSを構築して認知されるため、北京のMicrosoft中国本社で行われました。
新たに生まれたNEOが実現するのはスマートコントラクト機能により、多くの異なる種類の資産契約をデジタル化できると発表しました。それはNEOは、Microfoft・Java・pythnなどのプログラミング言語をサポートしているからです。
イーサリアムと違う仕組みは、アプリケーションを作り出すことができるプラットホームだということです。
そして、そのプラットホーム上で手数料として利用される仮想通貨(トークン)をNEOGASと言います。
このNEOGASはNEOのシステムに司令を出すような役割を担っています。株式市場に例えてNEOが株式、GASが配当と言われることもあります。GASはICO公開されずNEO保有者への配当などといった形での流通される仕組みになっています。

 

仮想通貨NEOのメリット

NEOのメリットとして代表的なのは、取引能力の高さでしょう。
そのメカニズムは、DBFTと呼ばれるコンセンサスアルゴリズムにより、1秒に1000回の取引が処理できると言われています。これは今後もっと処理能力が上がるとの発表がありました。
また、DBFTはビザンティン耐障性コンセンサスメカニズムです。つまり代理投票による大規模な参加を可能にします。NEOトークン所有者が投票権を持ち、それをブックキーパーと呼ばれる帳簿係を選ぶことができます。
この時、ブックキーパーはマイニング報酬としてGASを受け取ります。彼らの承認によって新しいブロックが生成され、ロールバックの影響を受けなくなります。これはビザンティンの障害への耐性に優れています。反対にビットコインは、ユーザー同士で対立が起きた場合、ブロック承認が滞ったりするリスクがあります。
まさにNEOは他の仮想通貨にない機能と優れた面を持ち合わせた通貨です。NEOの利用価値に世界中が注目し、今後の将来性に期待を持っています。

 

仮想通貨NEOのデメリット

NEOはDBFTと言われる投票制のコンセンサスアルゴリズムを採用しているので、NEOの協議会が1億NEOのうちの50%を保有しています。NEO協議会の使途が相場に与える影響が大きいということです。
ただNEOの協議会が信用を無くすようなことがあれば、直接影響を受けてしまうのです。ここは今のところ考えにくいようですが。
特にNEOは中国発の仮想通貨ゆえ中国国内でのユーザーが多いので、中国の情勢や通貨規制の影響を受けやすいでしょう。

 

仮想通貨NEOはどこで購入できるの?

NEOの仮想通貨を販売している取引所で代表的なのが、Binance(バイナンス)です。香港の仮想通貨取引所で、世界の中でも最も大規模な取引所です。Binanceが独自に発行しているトークン(BNB)を購入し使用する事で手数料を0・05%に抑えることができます。
また、市場規模が大きい為、取引量も多く売買に適していると言われています。さらに、NEOの取引高が世界一となっています。
国内では、ビットフライヤーやザイフでNEOの取引も可能です。また購入後のNEOは公式ウォレットに入れておくことをお勧めします。
NEOをウォレットに保有する事で自動的にGASを増やすこともできます。また取引所にコインを預けたままにせず、ハッキング防止にも効果的といえます。

 

仮想通貨NEOの将来性は?

中国当局によるICOの禁止、仮想通貨の規制の影響がありNEOは一時期、暴落しました。
ですが、プラットホームとして今後様々なシステムの中心に立つNEOの価値に魅力を持ち、ホールドしている人々も少なくありません。NEOは新興通貨でありながら、わずかな期間で人気仮想通貨の第7位の地位を築きました。多くのアルトコインの中でも圧倒的な人気を誇っています。
NEOのこれから開発されるであろう分散型アプリケーションに注目が集まっているということでしょう。
最初にあげたスマートコントラクト以外にもソーシャルネットワーキング分散型取引所や知的財産取引市場などといったシステムの開発が進めば、ほぼNEOで実現可能だといわれています。今後ますますNEOの価値は高まり将来性を感じている人々も多いです。
また、NEOの開発言語が豊富というのはかなりの強みだといえます。NEOのプラットホームで使用できるプログラミング言語はシステムエンジニア達が使用しているものと合致しているので開発までにそう遠くはないでしょう。
そして、これはイーサリアムにはない特徴です。イーサリアムは独自のプログラミング言語を使用しているために開発が難しいとされています。開発者の技術によって発展を目覚しくしていくわけですから、より多くの開発にNEOを使っていく可能性があるということが予想されます。
仮想通貨のシステムは今後ビジネス上で幅広く活用され、国境を超えて新しい風が吹くことでしょう。仮想通貨銘柄の格付けでも高評価のNEOの活用法にも注目ですね。
今後は中国当局と仮想通貨の関係性に重点が置かれると思いますが、NEOの拡張性のあるシステムは中国政府も排除するとは考えにくいでしょう。
法整備が整えば、再び中国に仮想通貨市場が戻ってくる可能性も考えられます。何れにせよ中国発の仮想通貨NEOは、中国国内の影響を受けるので今後の対応に注意深く見て行く必要があります。リスクに注意すれば、今後さらに上昇する秘めた可能性を持っている通貨です。

Tagged

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です