Pocket

仮想通貨の普及にATM大手が危機感

仮想通貨やブロックチェーン技術、さらにAI技術が進歩している事は既存の企業から危機感を感じさせることにもなっています。

世界最大のATM運営業者であるカードトロニクス(本社・米国テキサス)が最新の同社年次報告において仮想通貨は自社事業への大きなリスクの1つと見なしています。

なぜそのようなリスクを感じているかは米証券取引委員会(SEC)に提出した同社からの報告書から伺えます。

同社が独自に消費者行動を分析したところ、紙幣と言う従来の物理的な手段よりか電子的な決済方法が多く選ばれていることがわかりました。

報告書から同社の見解として、携帯電話による支払いや非接触型決済といった電子決済の利用が引き続き伸びているために、市場では現金の必要性が減り、最終的にATM利用の落ち込みにつながりかねないと見ているからです。

最近テレビCMにおいてもスマホでの決済手段が宣伝されている事もあり、そのような決済手段が人々が見ることで物理的に紙幣を持つよりか利便性がある考え、実際に紙幣を使うこと以外での紙幣としての物理的損失をするよりかはそちらの方が良いと好むようになったこともあります。

アナログからデジタルへとお金に対する取り扱いが仮想通貨によるきっかけにより促進される事で世界ではでデジタル経済がトレンドとなってきています。

実際にデジタル経済として浸透している国としてスウェーデンがあります。

昨年10月スウェーデンはキャッシュレス社会を目指す意思を表明しており、同国にある1600の銀行店舗のうちの900店がすでに現金を蓄えておらず現金での預金をも認めていない現状があります。

デンマークにおいては、デンマーク商工会議所ではスウェーデンに先駆けて、ほとんどの小売業者で客での現金払いを合法的に拒否できるようにする案を打ち出したことでも話題になっています。

その結果ニュースサイトの「Ideals」によれば、3分の1近いデンマーク人が取引手段として「MobilePay」アプリを利用しています。

デンマークと時同じくして、テキサスを拠点としているアジア最大手のATMメーカーである、「ヒョースン」は、海外市場向けモデルとしてビットコイン機能を搭載しています。

これにより数百人規模のユーザーがビットコイン売買のために現金を引き出したり、預けたりできるようにしています。

ATM運営業者も将来のデジタル経済に対応しようと努力をしていますが、将来ATMの利用も少なくなる可能性があります。

その理由は顧客と小売店が直接、デジタル通貨で取引する形も出てくる可能性があるためと噂されている事もあり、将来はATM存在自体をも考えていく必要があります。

Tagged

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です