Pocket

ポーランド中銀が仮想通貨反対キャンペーンのスポンサーに

ポーランドのニュースサイトmoney.plによると、ポーランド中央銀行はSNS上での仮想通貨反対キャンペーンのスポンサーになっていたことを認めた。

ポーランド中銀がスポンサーとなっていたのは、ポーランドのユーチューバーであるマルチン・デュビエル氏である。彼は昨年の12月に公開した「所持金を失った?」という動画において、仮想通貨の反対を訴えている。話題の動画は、仮想通貨に投資した結果、最終的には所持金が全てなくなるというストーリーになっており、再生回数は50万回以上に及ぶ。デュビエル氏は、仮想通貨関連以外の動画を主に投稿しており、チャンネル登録者数は90万人を越える。

ポーランド中銀だけではなく、ガメロン社、グーグル・アイルランド社、フェイスブック・アイルランド社の計4社が、デュビエル氏の反仮想通貨キャンペーンを支援しており、約280万円がコンテンツ製作費として支払われた。先月、フェイスブック社はICOや仮想通貨関連の広告出稿を禁止する方針を表明している。

(こちらが、反・仮想通貨キャンペーンの動画)

Tagged

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です