Pocket

いま投資家だけでなく、一般の人達からも注目を集めている「仮想通貨」をご存知でしょうか?
仮想通貨はインターネットが世界に普及したことで誕生した「新しい経済システム」だといわれています。
今までは日本円や米ドルなど、国が保証したお金が基本になっていましたが、仮想通貨は国境という既成概念すら破り、今後さらに大きな経済活動を実現する可能性を秘めています。
仮想通貨の代表例としてビットコインが挙げられます。ビットコインの価値が認められはじめるとともに、価格も上がり始めました。
2017年4月に1BTC(ビットコインの単位)が日本円で12万円だったものが、5月に30万円に、12月に200万円を突破しています!
値上がりを続けるのはビットコインだけでなく、他の仮想通貨でも値上がりしているものもあります。
この記事では世界が注目する仮想通貨についての基本的な情報を紹介します。

●仮想通貨とは?
●仮想通貨のメリット
●仮想通貨のデメリット
●仮想通貨が買える取引所オススメ3選!

 

仮想通貨とは?

仮想通貨はインターネット上の通貨

仮想通貨はインターネット上で使用することができる通貨で、「暗号通貨」「デジタル通貨」等と呼ばれることもあります。英語では”cryptocurrency”と訳されています。
電子的に存在する通貨とイメージしてもらうと分かりやすいです。

仮想通貨は、インターネット環境があれば、支払い、受け取り、送金など従来の通貨と同じ役割を果たすことができるのです。
更に、インターネットを使用するので、国際送金したい場合、仮想通貨を使えば、手数料が安く且つ、スピーディーに送金できます。
従来の通貨にはできなかったことを、インターネットによって可能にしたのが仮想通貨です。

国が定める定義

仮想通貨の普及に伴い、法整備も整ってきました。

資金決済法が改正され、法律でも仮想通貨の定義がされています。
資金決済法の第二条5による定義:

一 物品を購入し、若しくは借り受け、又は役務の提供を受ける場合に、これらの代価の弁済のために不特定の者に対して使用することができ、かつ、不特定の者を相手方として購入及び売却を行うことができる財産的価値(電子機器その他の物に電子的方法により記録されているものに限り、本邦通貨及び外国通貨並びに通貨建資産を除く。次号において同じ。)であって、電子情報処理組織を用いて移転することができるもの

二 不特定の者を相手方として前号に掲げるものと相互に交換を行うことができる財産的価値であって、電子情報処理組織を用いて移転することができるもの

つまり、インターネットを通じて、多くの人が支払いや受け取りができる通貨のことのようですね。

仮想通貨のメリットとは?

仮想通貨のメリット① 国際送金や決済が早くて安い!

仮想通貨のメリットとして、国際送金や決済が従来の通貨と比べて、早いことが挙げられます。

従来の通貨だと、日本からドルだと24時間〜72時間、国によっては1週間から10日かかることもあるのですが、仮想通貨だとわずか10分程度で送金が可能です。
最近では、取引量が増えたことで取引の完了に時間がかかるので、1時間程度かかる事もありますが、従来の通貨と比べるとそれでも断然に仮想通貨の方が早いですよね!

通常なら手続きが煩雑な上に高い手数料を取られる海外送金も、仮想通貨ならインターネットを通じて安く送金できます
例えば日本円から米ドルに換えて銀行から送金すると、手数料は4,000~7,000円ほどかかることをご存知でしょうか?
発展途上国への送金コストは、先進国よりもさらに割高になります。そもそも、送金自体できない事もあり得ます。

金融機関を経由する事なく、個人同士で直接送金することができるため(Peer to Peer)、無駄な人的コストや煩雑な手続きも不要となります!

その結果、仮想通貨では早くて安い送金が可能となるのです。

仮想通貨のメリット② 相場を利用した資産運用が可能

仮想通貨は日本円や米ドルなど各国の貨幣と同じように、需要と供給によって値動きします。
仮想通貨の普及が進み多くの国の人が利用しはじめると、仮想通貨の価値が上がりはじめたのです。

仮想通貨の先駆者であるビットコインも、2017年4月に12万円だったのが、同年の12月には200万円を突破し、急激な値上がりを見せています。
イーサリアムやモナコインなど他の仮想通貨も値上がりしています。

仮想通貨によって富を得たエピソードの一つをご紹介します。
まだあまりビットコインが知られていなかった頃に、ノルウェーの男性が約2,400円分のビットコインを何気なく買ってみたというのです。
ところが4年後、それが約1,800万円まで高騰していたとのことです!
たった2,400円で買ったビットコインを元手にオスロ市(ノルウェーの首都)に家を買うことができた、というのは有名な話です。

この例からもわかる通り、ビットコインを始めとする仮想通貨は大きな値上がりの可能性があるので、投資の面も兼ね備えています(もちろん、値下がりのリスクもありますが)。
業績などの指標を見ながら投資をする株とは異なりますが、変動が激しいために、一気に資産を増やすことができるのも仮想通貨の魅力の一つですね!

仮想通貨のデメリットとは?

仮想通貨のデメリット① 使用できる環境がないと価値がない

仮想通貨のデメリットとしては、現時点では使用できる環境が少ないということです。現金決済の多い日本では、仮想通貨決済の受け入れ態勢があまり整っていません。

そのため、ビットコインを購入しても、使える場所が少ないので、持っていても使えないのです。

ただ、徐々に日本でも使用できる場所が増えており、あまり知られていませんが、徐々に日本企業もビットコイン決済を導入しています!

①DMM.com

DMM.comは、2016年2月29日からいちビットコイン決済を導入しました。
2017年になって、日本でビットコインが注目され出したので、先駆けて導入した亀山さんの先見性のすごさが分かります。
DMM英会話などにビットコインで決済できるようになりました。

②ビックカメラ

ビックカメラは2017年4月から、有楽町店と新宿東口店の2店でビットコインでの決済を試験的に導入しました。
徐々に決済可能店舗を増やしていき、ビットコイン決済者が多く、2017年7月26日からビックカメラ全店舗でビットコイン決済を利用できるようになりました。

②HIS

国内大手の旅行代理店であるHISも2017年9月23日にビットコイン決済を導入しました。
HISは、単なるビットコイン決済導入だけではなく、ビットコイン決済専用の限定商品もスタートしています。
旅行代金をビットコインで購入して、現地の支払いもビットコインで払う、みたいな外貨の両替をしなくてもいい海外旅行の実現も近づいてきています

他にもいつくかあり、仮想通貨で支払える場所も増えてきています!

また、アメリカなど海外では使える場所は多いので、ドルに換金せずに、ビットコインに換金して使うという方法もあります。その方が両替の手数料も安いですし。

仮想通貨のデメリット② 値下がりのリスク

先述の通り、仮想通貨には、投資の側面も備えています。

そのため、持っていた仮想通貨の値段が暴落してしまう可能性もあります。

投資においてリスクとリターンは表裏一体ですので、一気にリターンが大きくなる可能性もある反面、値下がりのリスクがある事も頭に入れておきましょう。

仮想通貨のデメリット③ 盗難の可能性も

ブロックチェーンのシステムの改ざんはほぼ不可能なので信頼できますが、仮想通貨を補完する取引所のコンピューターがハッキングされ被害に遭うケースがあります。
2014年には東京の仮想通貨の取引所であるマウントゴックス社で多額のビットコインが盗難に遭い、負債総額470億円(当時の時価)で破綻したという事件もありました。
この事件はマウントゴックスの社長だったマルクカルプレス氏が横領などの罪で起訴されましたが、つい最近では、ハッキングした真犯人らしき人も逮捕されており、横領なのかハッキングなのか真相は分かりません。

ただ、セキュリティーが脆弱であったり、信頼性の薄い取引所で取引きをすると大変な被害にあう可能性もあるので、気をつけましょう。
ハッキング対策には、二段階認証で不正アクセスを防ぐなどの対策をすることが大切です。

仮想通貨が買えるオススメ取引所3選!

以上のメリットとデメリットを踏まえた上で、仮想通貨の取引を始めるのにオススメの取引所を3つご紹介します!

選ぶポイントとしては、①セキュリティ ②取扱している仮想通貨の種類 ③手数料の3つになります。

各取引所によってメリットとデメリットがあるので、上手く使い分けるのが良いかなと思います!

①Zaif(ザイフ)

最初にご紹介するのが「Zaif」さんです! Zaifさんの特徴としては、大きく2つあります!

一つ目の特徴としては、Zaifさんは国内の取引所の中で一番手数料が安いです!株投資でも手数料が証券会社選びの要素になりますが、仮想通貨でも同じです。

さらに、二つ目の特徴としては、いま流行りのモナコインが購入できます!もちろん、ビットコインや時価総額第二位のイーサリアムも購入できます。

その他にはNEM(ネム)やビットコインキャッシュも購入可能です。

セキュリティの面でも、二段階認証を導入しているので安心です。

Zaifで開設するならクリック

②bitflyer(ビットフライヤー)

次にご紹介するのが「bitflyer」さんです。

手数料は少々高いですが、安心感は抜群に高いです。なぜなら、資本金が潤沢だからです。
さらに出資している企業も大手企業ばかりなので、安心感があります。
出資企業は三菱UFJキャピタル、SMBCベンチャーキャピタル、みずほキャピタルなどメガバンクの投資部隊に加えて、リクルート、電通、GMOなど業界トップの企業が名を連ねています。

取り扱っている仮想通貨も複数あるので、利便性は高いです。

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

ビットフライヤーで開設するならクリック

 

③binannce(バイナンス)

最後にご紹介するのが「binance」さんです!先述の2つの取引所とは異なり、海外の取引所になります。

海外の取引所なので少し不安に思われるかもしれませんが、利用者は世界中に広がっており、安心してご利用できます!

特徴としては、取扱いの仮想通貨が上の2つより格段に多いです!

日本の取引所には未上場の仮想通貨が多く、それらの仮想通貨は比較的安価なので、大化けする可能性のある通貨がたくさんあります。

また、登録も簡単にでき、二段階認証も導入しているので、すぐに安心して利用できるので、オススメです。

ただ、難点としては、国内の取引所でビットコインを購入して、バイナンスの自分のアカウントに送金する必要があるので、少し手間がかかります。
Zaif」さんや「bitflyer」さんで口座を開設し、ビットコインを購入して、そのビットコインをバイナンスの口座に移すという流れです。

少々面倒くさいですが、大化け前の安価な仮想通貨を購入できるので、オススメです。

binanceで開設するならクリック

 

まとめ

仮想通貨には、それぞれメリットとデメリットがありますが、今後さらに普及してくることが予想されます。

取り残されないように、今のうちから、このブログなり、取引なりで仮想通貨の教養を上げていきましょう!

Tagged

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です